ふらんっちのブログ

ライブレポとか、水瀬いのりさんについて書いていきたいと思います。

水瀬いのりにハマった理由

寝れないので、ちょこっとだけ書きます。



今回は、僕が水瀬いのりさんにハマった経緯を簡単に書いていきます。


まず、僕が水瀬いのりさん(以下いのりん)を知ったのは、アニメの、Re:ゼロから始める異世界生活でレム役を演じているのを見てからでした。それまでは、いのりんどころか声優さんの知識はほとんど無く、以前に見ていたラブライブのμ'sメンバーが分かる程度の物でした。

リゼロ自体も知ったのは22話くらい進んだ頃で、アニメというジャンルもそれ程興味があった訳ではなく、たまたま目について面白そうだと思ったので見てみる事にしたら見事その世界観にハマり、見入ってしまいました。そして、そのアニメの主要キャラであったレム。21話でのスバルとの長時間の掛け合い、挿入歌のWishing。これには心を打たれました。こんな素晴らしい演技と歌が上手な声優さんが居るんだなぁと思っていた頃、リゼロのニコ生を見てみました。

f:id:fran_spla:20171211071034j:plain

この画像の時です。恐らく初めて見たレム瀬さん。

僕「え、レムの声優、可愛すぎやんww」


正直にこう思いました笑

この頃から色々調べ始め、ラジオも聴き始め、徐々にいのりんを初めとする声優の知識をつけていきました。

声優水瀬いのりから歌手水瀬いのりを好きになったのはすぐでした。歌唱力の高さはキャラソンから分かっていたし、YouTubeの公式チャンネルで、MVを見たりしていたので歌も数曲は分かる程度に。

とはいえ、まだ好き止まりです。ガチでハマるまでは行ってませんでした。

本気でハマったきっかけ、それは、1stアルバムのInnocent flowerの存在です。試しに買ってみて聴き込んだところ、まぁ感動の嵐で。どんどん好きの気持ちが高まリボンしましたね。

その後はツイッターや、ラジオ出演は必ずチェックし、先日は念願の1stライブに行けた…といった感じです。

もっともっといのりんの魅力を沢山の人に知ってもらいたいですね。

いつも曲を聴いて元気を貰えてるので沢山恩返ししたいな。

こんな感じで終わります。ありがとうございました。また書きたくなったら書きます。

おやすみなせ〜

水瀬いのり1stLIVE Ready Steady Go!レポ

初めに言っておきますがこのブログはあくまで自分の素直な感想を書いてあるのでそこは承知の上でお願いします。そして、思い出したりしたことは追記して行きたいと思います。

では早速
表題通り水瀬いのりさんの1stLIVEに参加してきました。
f:id:fran_spla:20171205052206j:plain
2日の朝の様子から書きます。
物販11時〜開始だし、7時頃行けば余裕で買えるっしょって考えてたら甘かった。さすがの人気、めちゃくちゃ人居ました。アニサマ3日目より並びました。しかも寒い中外で並んでマジでキツかった。
僕達の番になる頃にはラバストとパーカー(Mより上)は売り切れ状態で買えず、他はペンケース的なやつ以外は全て1点ずつ購入。MINAKAは13枚でしたが、赤だけでなかったものの、連番者と交換して全種類揃えることが出来ました。

近くのカフェでしばしの休憩をとることに。パンフを見ながらあ^~かわええって和みつつ、いざ、ライブ会場へ。

会場入ってすぐくらいにアナウンサーが笑いをとっていましたねwみずせと読み間違えてそのあとは噛み噛みで面白かったw

いよいよ、水瀬いのり1stライブ開幕。
壮大な映像から始まり、徐々に気持ちも高まってきました。

1曲目、夢のつぼみ
分かってた。絶対来るって分かってたのに、感動で泣きそうになりました。最初のシルエットの演出めちゃめちゃ良かった。やはり原点にして頂点とはこの事でしょう。いのりの始まりの象徴でした。圧巻。

2曲目、MELODY FLAG
アガる曲が立て続けに来てすでにボルテージMAX。 イントロのコール最高でした。

3曲目、Lucky Clover
アルバム曲ついに登場!初披露で聴きたい曲であったので聴けてよかったです。

ここで1回目のMC。最初の挨拶的なのして、楽しみましょう!的なこと言ってた気がする。正確に覚えてないですブルーレイ買います。

4曲目、Ready Steady Go!
このライブの表題曲であり、このライブのために作られたような1曲。タオル振り回した時に隣の人と当たってちょっと回しずらかったけどそんなことより歌もいのりんも最高でした。片手タオルでサビ以外はペンライトスタイルでした。

5曲目、笑顔が似合う日
昔のメロフラを思い出しながらしみじみと聞いてました。いのりんの笑顔が似合う日でした。

ここでバンド紹介
まじでみんなかっけぇ、すげぇなぁって感想ですw いのりバンド(仮)これからも頑張ってください!

6曲目、Dreaming Girls
衣装を変えたいのりが可愛すぎてヤバかった記憶しかない。飛んでる〜かわいい…

7曲目、コイセヨオトメ
水瀬いのり曲屈指のコール曲。僕自身コール覚えたけど、周りの人たちはあまり覚えてない感じでした。今後定着していってほしいですね。フゥフゥのところとか、初めて聞いたけど良かったです。誰が考えたんだろう…すごい!
あと、フリ最高でした。可愛すぎたし頑張って覚えてくれたんやって考えただけで泣きそうになった。いや、今でも泣きそうになる。それだけでファン達は嬉しいんだよね。

8曲目、アイマイモコ
かわいい曲続きでキターって感じでした。アニサマで聞いていたので2回目の対面。コールがないからあっても良いのかなって感じた伸び代を感じる曲。

9曲目、涙のあとは
しみじみタイム。泣きそうになるも、堪えました。
映像タイム
幻想的な映像が流れ、望遠鏡を覗き…

10曲目、星屑のコントレイル
ロックパート来ました!かっこよくて力強い歌声でそれでも衣装は可愛くて、セットも綺麗で最高!あなたはなにをやっても輝いてるんですね。いのりさん。

11曲目、Will
赤のペンラがちょくちょく目に入った。やはりロックといえば赤だからこれの色は赤なんですかね?今後のライブでも気になりますね。

12曲目、リトルシューゲイザー
ロック曲立て続け!かっこかわいく歌ういのりんの姿に惚れ惚れしながら見てました。ブルーレイはよ。

MC
衣装について触れてましたね。かなり露出多めで恥ずかしいと言ってました。大人な感じでした。

13曲目、Starry Wish
水瀬いのりと言えばの曲はこれでは無いでしょうか。イエッタイガーはバッチリ聞こえましたね。まぁしょうがない…
落ちサビのUO率高くてめちゃくちゃ綺麗。自分はペンライトでやったから次はサイリウムでやりたいですね。

14曲目、いつもずっと
ここが恐らく一番泣けた。本人が泣くまでは泣かないって決めたから堪えたけど目には涙が浮かびました。感動。

15曲目、Winter Wonder Wander
この曲、生で聞いたらめちゃくちゃ良かった。雪の演出といのりんの生歌とフリ、最高にマッチしてました。思わぬダークホースといった感じ。是非ともまた聴きたい1曲。

16曲目、旅の途中
この辺りからそろそろ終わりが近いことを察し始めた。 いのりを目に焼き付けてました。

17曲目、Innocent flower
僕の一番好きな曲です。ほんとに聞けてよかった。最高。胸の高まり半端ない。

アンコール
いつぞやのラジオで言っていた、いーのーり!コール聞こえましたね。あとは、アンコアンコアンコール!みたいな謎の裏拍もw
周り座ってる人多かったけどすぐ後ろの人達はアンコール叫んでたので僕達もそれに乗ってました。

18曲目、春空
Tシャツショートパンツに着替え登場したいのりん、死ぬほどかわいい。尊い。この人凄いな、と感じた。

ここで大西沙織のビデオレター(笑)
泣かせに来るか!?と思ったけどやはり大西は大西でした。もはや芸人。会場中笑ってました。
ここなんだけども座り込んでるいのりんがめちゃくちゃやばい、やばい、ブルーレイ映ってるかな?wもう一度見たいです。

19曲目、Happy Birthday
いのりん22歳の誕生日おめでとう!
これからもついて行きます!

20曲目、harmony ribbon
締めの1曲。やはりこの曲でラララしないと終われないと言った感じですね。横に振るのって縦振りより腕がしんどかったwでも、そんなこともいのりの笑顔を見たら吹き飛びますね。

最後に彼女が退場する前に、
「もっともっと魅力的な女性になります!だからずっとずっと好きでいてね!」
って残していったんですが、この一言が水瀬いのりという人物の人気の秘密なのかな…とか哲学的な意味分からんことを考えてしまった。
これだからファンやめられませんね。魅力的過ぎる。

最後に会場内で337拍子が起こった。これは会場の一体感があって良いなと思いました。

ライブ後、すぐに動けず席でうずくまってました。ラジオとかで緊張してるとか聴いてたし、無事成功してほしいって気持ちがあったから、大成功でほんとにホッとしたし、僕達への最高のパフォーマンスに感謝してるし、あとは、ライブが終わってしまったことの虚無感もありました。というか、今でもまだあります。

総括すると、本当に最高でかわいくて楽しませてくれたライブをありがとうございました。
これからもイベントに参加していきたいと思います。 いのりん大好きです。これからも応援します。

最後に
またライブなどあり、自分の思い出として残しておきたいと思ったら書いてみたいと思います。
拙い文章ですが、最後まで読んでいただきありがとうございました。